車を売ることが決まったのに減額請求…

愛車を買い取ってもらいたいという時、車を買取業者に持ち込んで査定を受け、売ることが決まった後でなんと、減額請求をされることもあるのです。それでも、詳細を調べると不具合があったため買取額を安くしてくださいと言われたとしても、承諾しなくてよいのです。もしその欠陥を知っていて、契約前にあえて言わなかったのならだめですが、そうでなければ減額には応じずに、契約を破棄する旨をしっかりと伝えましょう。車の売却査定では、冬タイヤ装着の有無は特にプラスな要素ではないようです。新品同様のタイヤであれば、個人売買やタイヤ専門店で買い取ってもらうほうが利益が出るということですね。もっとも、長期にわたって降雪がある寒冷地では、冬タイヤは絶対に必要ですから、そういった地域では車につけておいたほうが買取価格がアップする可能性があるのではないでしょうか。近頃では、買取を申し込みたい場合には、多くの方はWEB査定を利用しているようです。家から出たくない人でも、一括査定を利用すれば複数の業者の買取額をもとに検討することができます。ただ、WEB査定は単に目安を示すに過ぎないので、実際に査定に来てもらうと査定額が下がることは大いにあり得ます。また、中には事前にWEB査定で高額を提示しておきながら、出張査定に来た時点で非常に安い額を持ち出して、その額で売るまで帰らないような悪い業者もいるので気を付けてください。買取契約後にやっぱりキャンセルしたいという場合、早いうちなら契約取り消しに無償で応じてくれるところも少なくないでしょう。とはいえ、名義変更とかオークション登録の前であるとか、次のお客さんがまだ決まっていない場合など、必要な条件を満たさなければなりませんから、キャンセルが利く期間や条件を事前に必ず確認しておくようにしましょう。キャンセルでは予想外のトラブルが舞い込むケースも多いですから、契約の前によく考えておくことが重要です。車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うこともあるので注意しましょう。他よりも高額な査定金額を提示して契約を結び、あれやこれやと文句を付けて大幅に減額された金額を改めて持ち出してきます。そんな金額では買取には出せないと言うと、車は既に輸送済みだなどと言って、運送料や保管料などの名目をでっち上げて多額のお金を請求してくるという手口もあるのです。より単純な例としては、車を渡したのに買取代金の振込がないという詐欺事例もあります。今回手放した車は乗り始めて長年経っており、車検期間も残り僅かだったのでとても売れるとは思っていませんでした。そのため今回、新車を買った店にそのまま無料で引き取ってもらいましたが、しばらく経った後、その引き取ってもらった車がそこそこ高値で店頭に並んでいるのを目撃しました。こんなことになるなら、買取業者に査定をお願いして業者に売却した場合の金額を聞いておくべきだったと大変悔しく思っています。買取業者に査定をお願いする時には、リサイクル料や自動車税の残月分がその査定価格に入っているのかを事前に確認しておきましょう。また、そのほかにも、買取後に返金請求が発生しないことを確認する必要があります。酷い例になると、金額を可能な限り低く抑えようとして、査定の後で減点ポイントが判明したなどといって返金を迫ってくる業者もあるほどです。よく聞くのは、車買取時に面倒事になりやすいということです。「自分は大丈夫だ」と思っていませんか?そんなことはありません。「車売ろうかな」と計画している人なら皆が「渦中の人物」と化す確率はゼロではありません。それを避けるためにも、中古車の買取業者を選ぶときには、信頼、実績、それに加えて、評判がどうなのかも大事ですし、とくに契約事項の確認はしっかりと行いましょう。買取業者で車を処分するときに、名義人本人ではないけれど大丈夫なのかという問合せは結構多いです。自分以外の人が車の所有者(名義人)であるときは、きちんとした手続きを踏む必要があります。それには名義人の印鑑証明書と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、代理人契約という形で売却できます。記入要件があるので、ネットでダウンロードすると良いでしょう。車の名義が金融会社になっているときは、事実上売却不能です。その支払いを完済し、個人の名義(所有)に戻せば売却することができます。需要が高く、人気のあるクルマを売却する際には、査定をお願いしても十分な査定額を提示してもらえます。ホンダのN-BOXやトヨタのプリウス、日産のセレナなどは高い査定額が付きやすい、人気車種だと言えます。ところが、買った時には人気のある車種だったとしても、売る段階でそこまで需要が高くなければ、価値が反転して高くは売れないことが多いです。